京都品質創造プロジェクト・・・京の、今日の「和の美」を日常に・・・
「Rin2012 Winter Collection」始まりました!

京都・三条烏丸西入る北側。
大正時代の木造洋館を再生した
大人のための商業施設「文椿ビルヂング」。

1階の「椿-tsubaki labo-KYOTO(椿ラボ京都)」は
京都ならではの
伝統的技術や革新的な発想を駆使したアートやプロダクトの他、
京都に縁のある方々の、生活に潤いを与えてくれる品々、
京都の審美眼に適った"もの"や"こと"を"とき"を
皆さまにお届けするギャラリー・ショップ。

一年に二度、新作コレクションを引っ提げて
福岡・東京・京都の三都市を凱旋ツアー型ショップで駆け抜ける「Rin-燐」
今年も冬コレのトリは、この京都です。






物語仕立ての今回のコレクション。
DMやウェブサイトで予習してきてくださった皆さまも
掲載以外のアイテムに大喜びだったり
悲壮な叫び声をあげられたりと本日の初日から大盛り上がりです。



同じパターンで仕立てられても
素材感や色味によって様々な表情を醸し出すRinの服。
コーディネイトにより、実に多彩な表情を見せてくれるマジックも更に磨きがかかっています。

そして、その創作を受けて立つお客様も
デザイナーご自身も驚かれる着こなしを自在に楽しまれ
嬉しい想定外もたっぷり!


どんどんお手にとって、ご試着も楽しんでいただきたいと思います。
冒険と思っていたアイテムにしっくり来たり
よそゆき顔のアイテムに袖を通した途端
ヘヴィーローテーションの予感がしたり・・・

さぁ、今年最後の大人のお祭りを楽しんでください!



椿ラボ京都(京都市中京区三条通烏丸西入・文椿ビルヂング1階)
TEL:075-231-5858
11:00-20:00
会期中も火曜定休です。
「koha*の世界展vol.11」本日より開催です。


京都・三条烏丸西入る北側。
大正時代の木造洋館を再生した
大人のための商業施設「文椿ビルヂング」。

1階の「椿-tsubaki labo-KYOTO(椿ラボ京都)」は
京都ならではの
伝統的技術や革新的な発想を駆使したアートやプロダクトの他、
京都に縁のある方々の、生活に潤いを与えてくれる品々、
京都の審美眼に適った"もの"や"こと"を"とき"を
皆さまにお届けするギャラリー・ショップ。

京都の乙女文化発信クリエイター、koha*さんがデザインし
京都で捺染されるkoha*オリジナルファブリック
日本に根付く植物を西洋の様式美で表現する独特の柄ゆきと
美しく繊細な発色が、発表と同時に話題を呼んでから早9年目。

今期発表された26作目の新作は「Kteau et Novdeaux(鶏頭と野ぶどう)」



足の長い、複雑なグラデーションが表現できるよう
平滑面の多いコットンサテン地に捺染される文様は
仏画のようでもありイスラム寺院に見るモチーフのようでもあり
洋の東西や時代を超えた不思議な自由さが溢れています。

実りの秋に感謝したくなるこっくりとした色合いの中に
ピリッと力強いアクセントカラーが生きるのも、koha*さん流。

今回は1mからのカット販売とクッションカバー、
A4書類が入る横長のデイリープチバッグでの商品展開となっています。



先頃オンエアされた、NHKワールドTVの室町通り特集でも
創業数百年の老舗に混じってピックアップされたkoha*オリジナルファブリック。
伝統に敬意を表しながら、今という時代の軽やかさを含んだ作品世界を
是非、気楽に感じてみてください。

「koha*の世界展vol.11」
〜新作布 Kteau et Novdeaux(鶏頭と野ぶどう)の発表会〜

10月10日(水)-10月22日(月)

椿ラボ京都(京都市中京区三条通烏丸西入・文椿ビルヂング1階)
TEL:075-231-5858
11:00-20:00
会期中も火曜定休です。

また、koha*オリジナルファブリックを使ったブックカバーが作れる
「カルトナージュワークショップ」は、ご好評につき満席となりました。
(キャンセル待ちの方々のみ受付中です)

開催場所:椿ラボ京都
日 時 :10月28日(日)13:30〜約2時間
講 師 :石丸思先生
参加費 :お一人様 3,000円
    (ご予約時に申し受けます。)
    材料費込み・道具もご用意いたします
お申込:椿ラボ京都店頭にて(お電話は075-231-5858)



椿ラボ京都、この秋の展覧会のお知らせ


京都・三条烏丸西入る北側。
大正時代の木造洋館を再生した
大人のための商業施設「文椿ビルヂング」。

1階の「椿-tsubaki labo-KYOTO(椿ラボ京都)」は
京都ならではの
伝統的技術や革新的な発想を駆使したアートやプロダクトの他、
京都に縁のある方々の、生活に潤いを与えてくれる品々、
京都の審美眼に適った"もの"や"こと"を"とき"を
皆さまにお届けするギャラリー・ショップ。

10月に入り、ぐんと過ごし易い気候になりました。
街歩きも楽しい季節の到来です。
椿ラボ京都でも、秋に嬉しい展覧会がやって来ます。

10月10日(水)より 10月22日(月)まで開催
koha*の世界展vol.11
〜新作布Kteau et Novdeaux(鶏頭と野ぶどう)の発表会〜




京都の乙女文化発信クリエイター・koha*さんがデザインし
京都の染色会社が捺染する
世にも美しく摩訶不思議なコットン生地、koha*オリジナルファブリック
2004年の発表以来26作目となる新作は、和にも洋にも馴染むレトロな可愛さに
やさしいシックさがプラスされた秋仕様の布です。
乙女なら誰しも瞳がキラキラ輝く
めくるめくkoha*ワールドへ、ようこそ☆

※今回は目の詰まったコットンサテン生地のみでの展開になっています。
また晴雨兼用傘の発表は来春になりますのでご了承くださいませ。


そしてそして・・・
10月31日(水)より11月12日(月)まで開催
今宵堂「酔いこのおもちゃ展」

(トップの画像です)



毎回、あっと驚く楽しい切り口と
遊び心溢れて、実用性も備えた可愛い酒器で
何とも酔い時間&酔い気分☆にしてくれる今宵堂さん

工房に増えた、小さな仲間を交えた暮らしは
その豊かな作品世界にゆったりと
新しい視点と価値観の変化をもたらしてくれるのかも知れません。

「酔いこ」のためのかわいい玩具で、愉しく晩酌いたしましょう!

※展覧会期間中も火曜日には定休日を頂戴しております。
予めご了承くださいませ。

この秋も、ツカエル・アートなら椿ラボ京都へ☆☆☆


椿ラボ京都(京都市中京区三条通烏丸西入・文椿ビルヂング1階)
TEL:075-231-5858
11:00-20:00
 
Rin 2012 Summer Tour速報☆

京都・三条烏丸西入る北側。
大正時代の木造洋館を再生した
大人のための商業施設「文椿ビルヂング」。

1階の「椿-tsubaki labo-KYOTO(椿ラボ京都)」は
京都ならではの
伝統的技術や革新的な発想を駆使したアートやプロダクトの他、
京都に縁のある方々の、生活に潤いを与えてくれる品々、
京都の審美眼に適った"もの"や"こと"を"とき"を
皆さまにお届けするギャラリー・ショップ。

ついに明日 ・・・
Rin2012 Summer Tour、京都上陸!
待ちに待った、の夏コレ"京都version"が
いよいよ、明日5月30日(水)より始まります。



ディスプレイを終えた椿ラボ京都は、嵐の前の静けさ。
皆さんの気になる、あんなの、こんなの・・・
切り取った写真だけでもアップいたしますのでご覧ください☆
Rinの服は、体が入って、動き出してこそ、より一層楽しさがわかる服。
気になる洋服と目が合ったなら、是非会場でご試着ください。





Rin 2012 Summer Tour

5月30日(水)-6月11日(月)
※会期中も火曜日は定休日となっております。ご注意くださいませ。
11:00-20:00
TEL : 075-231-5858 椿ラボ京都

「Hana それぞれの季節」展、始まりました。


京都・三条烏丸西入る北側。
大正時代の木造洋館を再生した
大人のための商業施設「文椿ビルヂング」。

1階の「椿-tsubaki labo-KYOTO(椿ラボ京都)」は
京都ならではの
伝統的技術や革新的な発想を駆使したアートやプロダクトの他、
京都に縁のある方々の、生活に潤いを与えてくれる品々、
京都の審美眼に適った"もの"や"こと"を"とき"を
皆さまにお届けするギャラリー・ショップ。

本日より4月30日(月・祝)まで開催の
「Hana それぞれの季節
〜花に恋いこがれる京女四人の描く四季折々の花風景〜」は
京都を拠点に活動される女性4人組、キャトル・フルールによる華やかな花の競演。

生花ならではの生命力溢れる香気が会場に満ち溢れ
自然が生んだ様々な色味と造形と先生方の独自のアレンジの真剣勝負が
優雅な和みと、心地良い緊張感を醸し出しています。


久保泰美さんは、読売文化センターの講師を経て
現在はquatre fleursの講師として在籍。
今回の展覧会では「それぞれの季節」の「春」を担当。


沢井博美さんは、近鉄アカデミー文化サロンの講師を経て
現在はquatre fleursの講師として在籍。
今回の展覧会では「それぞれの季節」の「夏」を担当。


藤田知子さんは、読売文化センターの講師を経て
現在、quatre fleursの講師として在籍。
また、Atelier FRIEND FOOD主宰として活動中。
展覧会では「それぞれの季節」の「秋」を担当。


田中久子さんは、読売文化センターの講師を経て
現在、quatre fleursの講師として在籍。
また、Atelier Sacco de Aglaiaで活動中。
展覧会では「それぞれの季節」の「冬」を担当。


そんな経験タップリの講師陣のご指導の元
今回は三名の生徒さんも出品してくださいました。







見応えたっぷりの展覧会は残すところあと2日。
どうぞ、お見逃し無く・・・

  4月29日(日) 午前11時-午後8時
  4月30日(月・祝)午前11時-午後7時の開催とさせていただきます。
           
最終日は午後7時終了となっております。予めご了承くださいませ。


「koha*の世界展vol.10」始まりました。

京都・三条烏丸西入る北側。
大正時代の木造洋館を再生した
大人のための商業施設「文椿ビルヂング」。

1階の「椿-tsubaki labo-KYOTO(椿ラボ京都)」は
京都ならではの
伝統的技術や革新的な発想を駆使したアートやプロダクトの他、
京都に縁のある方々の、生活に潤いを与えてくれる品々、
京都の審美眼に適った"もの"や"こと"を"とき"を
皆さまにお届けするギャラリー・ショップ。

本日より「koha*の世界展vol.10」
〜この上なく素晴らしい傘と新作布『2丁目3番地 つつじヶ丘』の発表会〜 を開催中です。

京都の乙女文化発信クリエイター・koha*さんがデザインし
京都の染色会社が捺染する、和にも洋にも馴染む美しいkoha*オリジナルファブリック。
25作目となる新作は、表現される文様もタイトルも
高度経済成長期の日本のにおいを感じる、元気いっぱいの意欲作。



つつじと矢車草と芝桜が群生する様を
アールヌーヴォ調のタッチで描いた「2丁目3番地つつじヶ丘」は
希望溢れる鮮やかなピスタチオグリーンと
ふんわりと甘い香りがしそうなココアの2配色。
今回も、しっかりと地厚で目の詰まった綿サテンと
透け感のあるサラリとした綿ローンの2種類の生地で展開しています。




また発売3年目を迎えたkoha*の晴雨兼用傘
今年も、京都のアンブレラクリエイター仕込みの端整なお仕立が光ります。
広げたときも、閉じたときも美しいその形と仕立ては
椿ラボを訪れてくださる、傘に携わる職人さん達も太鼓判をくださる一級品です。
リクエストの多かった折りたたみ傘のバリエーションをグッと増やされたので
母の日を中心にしたギフトにもお遣いおただき易くなりましたね。



上質な可愛さと、親しみやすい美しさ。
たまらなく懐かしく、だけど、どこにも無かった新しさ。
koha*のプロダクトに共通する香りは、ホッと一息つきつつ背筋を伸ばしてくれます。

元気に暮らすエネルギーや、ヒントを探す気持ちで
是非、みなさまお揃いでご来場くださいませ!

また4月22日(日)13:30〜(約2時間)
koha*オリジナルファブリックを使って作る
フランスの伝統工芸「カルトナージュ」技法のHacoバッグ講習会を開催いたします。
講師はCinq sens主宰の石丸思先生です。
長財布の入るHacoバッグはCinq sensの授業でも人気の課題!
(先生からのサンプルが届き次第、画像もアップいたしますので
いましばらくお待ちくださいませ)
是非、この機会に技を習得してみられてはいかがでしょう?

日 時:4月22日(日)13:30〜(約2時間)
参加費:お一人様4,800円(ご予約時に申し受けます)材料費込(道具もご用意致します)
お申込:椿ラボ京都 TEL 075-231-5858

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「koha*の世界展vol.10」
〜この上なく素晴らしい傘と新作布『2丁目3番地 つつじヶ丘』の発表会〜

会期:3月21日(水)-4月23日(月)
時間:11:00-20:00
定休日:火曜(会期中も火曜日は休みます)
本日より「如月会KYOTO! BEST!!GIFT!!!」開催です☆


京都・三条烏丸西入る北側。
大正時代の木造洋館を再生した
大人のための商業施設「文椿ビルヂング」。

1階の「椿-tsubaki labo-KYOTO(椿ラボ京都)」は
京都ならではの
伝統的技術や革新的な発想を駆使したアートやプロダクトの他、
京都に縁のある方々の、生活に潤いを与えてくれる品々、
京都の審美眼に適った"もの"や"こと"を"とき"を
皆さまにお届けするギャラリー・ショップ。

本日より2月。
椿ラボ京都では「如月会KYOTO! BEST!!GIFT!!!」開催致しております。



京都は北大路の酒器・今宵堂さんからは
バレンタインにもピッタリな可盃(べくはい)、その名も「ハート射抜猪口」が届きました。
ハート型に射抜かれた穴を指で押さえて呑む、バレンタイン用チョコ(猪口)!
お酒も愛もこぼさぬように・・・と素敵なメッセージが隠されていますよ。
酒器屋さんには珍しい、今宵堂さん謹製マグカップも少しだけ揃っております。
こちらも要チェックですよ!



同じく、京都は太秦にある
日本で唯一のスロヴェニア料理店・ピカポロンツァさまからは
この季節ならではの人気チョコレート菓子「ボンビツァ」が登場☆
プルーンと刻んだチョコレートとナッツをこね丸めてココアをまぶした愛のボール!
ヨーロッパではずっと昔から
チョコレートは大人の嗜好品だったことが伺い知れる逸品です。
スイーツにも文化の違いが現れますね。



京都・山科にあるGARUDA COFFEEさんからは
椿ラボ京都でも、もうすっかりお馴染みの「ガルーダブレンド」と
この如月会に向けて、店主がこしらえてくださった
渾身の新作「文(あや)ブレンド」が届きました!!
寒い冬の夜に手紙や文字を綴るときのおともをイメージして作ってくださいました。
こっくりとした深い味わいと余韻をお楽しみください!
そう・・・GARUDA COFFEEさんはいつもコーヒーの香りや味わいに
独特のめくるめく脳内イメージを持っておられます。
こちらも合わせてチェックしてみてください。
確かに、ガルーダブレンドはそつなくオールマイティな櫻井君ですね(笑)


そして、北海道・ニセコの和菓子工房、松風さんから
12月のイベントで完売して召し上がっていただくことが出来なかった方も多い
寒氷の「GOISHI(碁石)」と「福梅」が届きました!
ニセコの湧き水と、北海道で採れるてんさい糖を寒天で緩く固め
寒風で干した、独特の食感がクセになるお干菓子。
2月のお茶席に、お茶うけにぴったりです。

この他にも、京都ならではの逸品を揃えて皆さまのお越しをお待ちしております!

椿ラボ京都 presents
「如月会KYOTO! BEST!!GIFT!!!」

2月1日(水)-2月13日(月)

追記
*2月11日(土・祝)に、この「如月会」の為に作っていただいた限定商品は
嬉しく完売いたしました。
みなさまありがとうございました☆

椿ラボ京都(京都市中京区三条通烏丸西入・文椿ビルヂング1階)
TEL:075-231-5858
11:00-20:00
会期中も火曜定休です。