京都品質創造プロジェクト・・・京の、今日の「和の美」を日常に・・・
<< 椿ラボ京都、初夏の展覧会と番外編のお知らせ | main | 椿ラボ京都、GW前半の展覧会のお知らせです。 >>
「カルトナージュ・ワークショップ」速報!

京都・三条烏丸西入る北側。
大正時代の木造洋館を再生した
大人のための商業施設「文椿ビルヂング」。

1階の「椿-tsubaki labo-KYOTO(椿ラボ京都)」は
京都ならではの
伝統的技術や革新的な発想を駆使したアートやプロダクトの他、
京都に縁のある方々の、生活に潤いを与えてくれる品々、
京都の審美眼に適った"もの"や"こと"を"とき"を
皆さまにお届けするギャラリー・ショップ。

koha*さんの新作ファブリック発表の展覧会期中の開催が定番となりつつある
koha*ファブリックを使って作る、カルトナージュ教室
第4回目となった今回のお題目は
「カルトナージュの技法を駆使して作る、長財布の入るHacoバッグ」 。
厚紙に布や意匠紙を貼って形作っていくフランスの伝統工芸"カルトナージュ"を
今回も指導してくださったのは、Cinqsens主宰の石丸思先生
今回は初めての方が殆どながら、中級クラスの難易度の作品に挑んでいただきました。

生徒さんに好みの布を選んでいただくところからスタート!


形状の下地となる厚紙は、あらかじめカットされ生徒さんの元へ。
そのパーツを接着テープを用いて組み立てていきます。


接着剤の適正粘度、貼り合わせ部分のどちらに接着剤を塗布するか?など
先生直伝のコツがいっぱい!
失敗しがちなことを、手を動かしながらたたき込んでいただけるので
なるほど〜!!と納得しながら次のステップへ進んでいけます。



貼り合わせの際の貼り始めの位置、貼り順、
余った布のカットの仕方、切り込みのコツ、
絶対に押さえたいツボ、
手を抜いてもさほど気にならないところ(笑)などなど
隠し技も惜しみなく伝授していただけます。




好みの持ち手をシングル使い、ダブル使いで付けて
内側のリボンもオプションで付けて・・・・・と
生徒さんの個性が光る世界でひとつのバッグがどんどんカタチになっていきます!



大満足の出来映えに、生徒さんも先生も笑顔のフィニッシュ☆
ご参加いただいた皆様、石丸先生、お疲れさまでした。
どうもありがとうございました!

椿ラボ京都では、これからも自分の手や体や頭を使い
ものを作り、表現する機会をお届けして参ります。
どうぞご期待くださいませ。

「koha*の世界展vol.10」は、いよいよ明日の20時までとなりました。
みなさま、どうぞお見逃しなく。





COMMENT









Trackback URL
http://tsubaki.amgrrow.com/trackback/215
TRACKBACK