京都品質創造プロジェクト・・・京の、今日の「和の美」を日常に・・・
<< 「京の佳きもの展」よりご紹介! | main | 「烏丸経済新聞」さまに取材していただきました☆ >>
【koha*の世界展vol.4】
三条烏丸西入る北側。
大正時代の洋館建築をリノベーションした
大人のための複合施設「文椿ビルヂング」1階の【椿ラボ京都】では
“昭和の日”である本日4月29日より
koha*さんによる新作オリジナルファブリック展覧会
「koha*の世界展vol.4~昭和の庭~」を開催中です。

さまざまなアパレルの商品企画を長年にわたり手掛けられてきたkoha*さんならではの和でも洋でもない独特の観点と表現力、
“着倒れの町”京都ならではの染色文化や技術が開花するkoha*オリジナルファブリックは、
各業界のデザイナーさまやスタイリストさまから絶賛される
“通”ほどに素晴らしさのわかる逸品!

愛犬の散歩中にひらめいた懐かしい昭和の庭を描いたという「GICCA 実家」の柄には、
昭和という時代背景や家族構成が根底にあったであろう無造作で無防備で大らかだった雑多な植栽の庭に
アロエや菊や都忘れなどが咲き誇っています。

5月の射るような陽光の中で見た藤棚の風景を描いた
「FUGGITTO CIAO! CIAO!! 藤と蝶々」の柄には
爽やかな風にたわたわと揺れる藤の花を
子供心に少し妖艶すぎて近寄りがたいと感じていたkoha*さんの
幼少時代の感性が息づいています。
いずれもコットン100%。目の詰んだツイル地と透け感が美しいローン地とに捺染されています。
今展示会では、それぞれの風景を描写するにあたってのいきさつなどが詳しく書かれたパネルが用意されていますので
koha*さんの日常生活を垣間見るような身近さが溢れています。

会場は、昭和の学芸会のように
“凝らないけれど楽しいしつらえ”で構成され
とりわけ40代前後の方には懐かしいキッチュさなのではないでしょうか。

文椿ビルヂング2階のインテリアファブリックと雑貨の店【creer クレエ】の看板商品でもあるkoha*オリジナルファブリックの他にも
アップリケを施したTシャツが飾られ、昭和の庭でごく普通に見かけた蜘蛛の巣やアリ、カマキリやトカゲなどが壁を彩ります。
最新の技術に裏打ちされた商品ながら
単純に元気をもらえる楽しい展覧会です。
みなさまお揃いで、是非、昭和にタイムスリップしてください。

【椿ラボ京都】「koha*の世界展vol.4」
4月29日(水・昭和の日)-5月11日(月)
☆5月5日(火)は営業いたします☆
時間 11:00-20:00
電話 075-231-5858
COMMENT









Trackback URL
http://tsubaki.amgrrow.com/trackback/24
TRACKBACK