京都品質創造プロジェクト・・・京の、今日の「和の美」を日常に・・・
<< カルトナージュ・ワークショップ速報 | main | 「帯に短し組みひも楽し」展ランキング☆ >>
【帯に短し組みひも楽し展】
京都・三条烏丸西入る北側。
大正時代の木造洋館を再生した
大人のための商業施設「文椿ビルヂング」。

1階の「椿-tsubaki labo-KYOTO(椿ラボ京都)」では
本日より「帯に短し組みひも楽し」展が始まりました。

京都でキモノといえば京友禅
京都でオビといえば西陣織

そんな西陣の地でコツコツと帯を製造している
小さな「織り屋」さんが帯地の小物を手掛けられています。

「織り屋」さんとは・・・
帯を作る工程には様々な職人の技術が必要です。
図案家、紋彫屋、織り手、染め屋など・・・
そんな職人さんをまとめて
総合プロデュースする製造元のことで
産地ならではの職業です。
創作小物ヒナタ」のバッグや小物は
糸染め・デザイン・紋起こし・織り・縫製という全ての工程を
京都の職人さん同士で分業されています。

絹織物の特徴は、つややかな光沢と緻密な織技、
絹糸による奥行きある独特の風合い。

正絹100%のヒナタの生地で作られた小物は
ちょっと贅沢な気持ちにさせてくれます。
そして、大切に使いたい気持ちを育ててくれます。
今回は、椿ラボたっての希望で丸巻きの帯地を10cm単位で切り売りもしていただくことが
できました。手作り派の方には、嬉しい材料ですね!
どうぞ、お手にとって、その良さをじっくりと確かめてみてください。

また、正絹を京都の職人さんに手組みしていただいた
好評の京組みひもの帯締めにも新色が仲間入りしました。

こちらも、素敵なキモノの着回しを思い描いて
選んでみてくださいね。

「帯に短し組みひも楽し」展
椿ラボ京都にて
5月10日(月)まで開催
11:00-20:00
5月4日(火)は営業いたします。
COMMENT









Trackback URL
http://tsubaki.amgrrow.com/trackback/35
TRACKBACK